smilecotton

スマイルコットンとは?

スマイルコットンは、片山メリヤス社(昭和27年創業)と三重県工業技術センターとの共同開発により
昭和48年(1973年)に第1号の生地が生まれました。
スマイルコットンは、糸から生地の企画をし皆様に気持ちよく着ていただける商品を提案しております。



【1】スマイルコットンはやわらかい

糸は本来、「わたの繊維」を撚る事によって作られます。
この撚りをほぐし「わたの繊維」にもどして生地を作りました。
これがスマイルコットンの技術です。

スマイルコットンは洗濯しても硬くなりません。
洗濯することにより繊維がリラックスし,やわらかさが増します。

【2】スマイルコットンは軽い


繊維の間に空気を含んでいるので
吸水性も良くふんわり軽い着心地です。



■スマイルコットンは徹底された品質管理のもと、生地から縫製まで一貫して日本国内で生産しております。

スマイルコットンのこだわり


※スマイルコットンはワタのやわらかさを再現し“肌に優しい” “軽い” “ストレスフリー”をコンセプトに開発しています。

【スマイルコットンの特徴】

■Point1:
繊維の間に空気を含んでいるので保温力を高めたり、汗を吸いやすくしたりします。そしてふんわり軽い着心地です。 また、通気性も良く年間を通じて着用できます。

■Point2:
糸そのものを「わた」に戻しているので洗濯しても硬くなりません。洗濯することにより繊維がリラックスし、やわらかさが増します。

■Point3:
やわらかくても化学繊維はイヤだという方に。天然素材の綿だから、敏感肌の方にも安心して着て頂けます。


始まりは、30年前の三重県工業技術センター片山メリヤス社 との共同開発にさかのぼります。
その後、染色技術を含む研究開発の結果現在のスマイルコットンが出来上がりました。「ワタの繊維」を撚る(ねじり重ねる)ことによって 糸を作ります。この撚りをほぐして「わたの繊維」に戻したのがスマイルコットンです。つまりわたの繊維のままで糸になっているのが スマイルコットンの技術です。

■なぜ、わざわざ糸をほぐすのか・・・・・。
全ての綿が肌にやさしい訳ではありません。ワタを撚るときに生じる 「ねじれ」は敏感な肌に触れたとき、肌を刺激し、時には炎症を 起したりもします。「ねじれ」を取り除くことにより、「やわらかさ」や吸水性、速乾性、保湿性など、ワタ本来が持つ機能を最大限に 引き出しています。そのためにゆっくりと時間と手間を掛けています。

ページトップへ